カテゴリー別アーカイブ: 腫瘍の治療

漢方を中心とした、犬や猫の腫瘍の治療についての投稿をまとめています。

老齢のラブラドールの腫瘍と皮膚病

あけましておめでとうございます。今年も、漢方内科治療で西洋医学で治らずに困っているワンちゃん猫ちゃんをたくさん治療していきたいと思います。何卒、よろしくお願いします。

足にできた腫瘍(悪性の癌と診断された)で、3つの病院の内科治療で治らず、困っていた15歳のラブラドールのたろうちゃん。3ヶ月の漢方治療で、腫瘍がずいぶん小さくなりました。同時に長年悩んでいた外耳炎や皮膚病も良くなってご機嫌です~(漢方薬で効く癌でしたので治りまいたが、治らない悪性癌ももちろんあります)

はじめの腫瘍

3ヵ月後(ほぼしぼみました)

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

ゴールデンの肥満細胞腫

ゴールデンレトリーバーのレオンちゃんは4歳。若くして胸にできた出来物が、肥満細胞腫だとわかりました。術後2ヶ月で、再発し、このまま腫瘍が繰り返すことが怖くて、漢方薬治療をしに、兵庫から来院されました。半年の間、再発もなくおちつた状態でいます。引き続き漢方薬で免疫力をあげて、肥満細胞腫の治療だけでなく、より元気な体質に改善していきたいと思います。

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

小さい時からの体質改善

シュナウザーの姫ちゃんは、生後7ヶ月で皮膚病ができてきたので、漢方治療を3週間して完治しました。

これからも、漢方は飲み続けるつもりです。

なぜなら、この子を飼う前にいた、コーギーの親子、(くうとてん)が、ともに悪性リンパ腫となった晩年を、漢方治療した経験があるからです。

弱い子ほど若い時から漢方薬で免疫力をあげて、体質改善するのが理想ですから。

今は亡き、くうちゃん(上)とてんちゃん(下)

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

コーギーの膀胱移行上皮癌

コーギーの周くんは10歳。他院にて膀胱の悪性移行上皮癌で、余命3ヶ月といわれ、当病院で、漢方薬治療をはじめました。3ヶ月たちましたが、元気ですよ。このままがんばりましょう!

カテゴリー: 漢方薬, 腎臓、泌尿器の治療, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

トイプードルの目の病気-マイボーム腺腫(炎)

トイプードルのノエルちゃんは、9歳。4,5年前より、目のまぶたの所のできもの、マイボーム腺腫(炎)ができていました。これをここ10ヶ月ほどは、免疫抑制剤(サイクロスポリン)とステロイドで治療してきましたが、肝臓の数値があがったりと、困りまして、漢方治療をしに来院されました。一ヶ月で、免疫抑制剤もステロイドもぬけ、マイボーム腺腫(炎)もおさまりました。あとは抗生剤の目薬で管理していくことができると思います。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

ヨークシャテリアの口元の出来物(良性腫瘍、イボ)

ヨークシャテリアのハッピーちゃんは、3歳。雑誌のモデル犬としても活躍するので、口元にできた、できもの(良性の腫瘍、イボ)を外科的手術でなく、内服薬(漢方薬)でなおせないかと、来院されました。1月で、きれいにとれました!

口唇にできた腫瘍

漢方薬一ヶ月後

幸せそうなハッピーちゃん

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

シェパードの悪性血管肉腫

シェパードのルーシェちゃんは、もうすぐこの3月で11歳になります。昨年の4月に、他院にて、脾臓を摘出して、悪性血管肉腫があることがわかりました。延命治療として抗癌剤をしても、平均6ヶ月の余命と判断されました。以前に皮膚病を、当病院で、漢方薬で治療した経験があったこともあり、抗癌剤ではなく、生活の質を維持をめざした、できるだけ副作用などで苦しむことのない、漢方薬での終末治療を選択されました。その後、9ヶ月たちましたが、一度も体調を落とすことなく、元気に過ごしています。なんとか11歳を元気に迎えることが、まず目標です。病気の前より体重が増えていますので、すこし減量しないといけませんね。引き続き、がんばりましょう!

カテゴリー: すい臓、肝臓、胆のう 疾患, 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

鼻の腫瘍でも頑張ってます

アラスカンマラミュートのラズベリーちゃんは、11歳。昨年の夏に鼻腔内の悪性腫瘍(nasal carcinoma)がみつかりました。鼻の中の奥の方の悪性癌で、外科的にとりきれないので、また腫瘍がもりあがってきてしまいます。そこで、抗がん剤でなく、漢方薬で内科治療しながら、腫瘍がもりあがってきたら、東京の病院で外科的に除去をくり返すという治療をしてきました。それから一年以上たち、3、4ヶ月に一度は、盛り上がってきた腫瘍は外科的にとらないといけないのですが、体調を落とす事なく、元気にすごしています。このまま寿命まで、よい気分で生きていってもらうよう漢方薬での治療をつづけたいと思います。

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

うさぎの乳腺腫瘍

ミニうさぎ(?)のうにちゃんは、もう10歳。乳腺腫瘍が大きくなってきたのですが、年齢からも手術はしたくないので、漢方薬での治療をしに来院されました。6月から4ヶ月治療しています。すこし大きくなってはいますが、転移もなく元気に過ごしています。食欲、元気を維持したままに長生きしてもらいたいと思います。

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ

ビーグルの皮膚の悪性腫瘍(悪性血管周皮腫)

ビーグルのどんべえちゃんは14歳。3年前に3年以上続いた難治性の皮膚病(真在性膿皮症と大学でいわれたそうです)を当病院で漢方治療した経験があります。2年前に手に悪性腫瘍ができ、外科的に摘出したこともあります。最近になって、その腫瘍が再発してきて、漢方薬で治療しています。食欲元気は旺盛で、本人は腫瘍や皮膚病なんのそのという感じです。年をとってきましたので、このまま寿命まで、腫瘍をもったままで、元気に生きてもらうのが目標です。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療, 腫瘍の治療 | コメントをどうぞ