痒みや震えの漢方薬治療

ミニピンのルナちゃんは、3歳。1年前から身体の痒みや震えをステロイドでしか他院にて治療できなかったですが、やはりまだ若いのにこれらずっとステロイドを飲ませるのが不安になり、来院されました。漢方薬で治療して、1月もしたら、震えや痒みそして、フケや乾燥もおさまり、毛の艶もよくなりました。

はじめ痒みや痛みのためにステロイドで逃げていると、そのうちだんだんと毛艶が悪くなります。これは免疫力がだんだんとおちてくるからです。まだ内蔵に悪影響がでる前のサインですから、注意してください。

dscf4559

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です