ミニピンの脂肪織炎

ミニチュアピンシャーのカイくんは、1歳で、首の脂肪織炎と身体の急な発熱で、ステロイド治療していましたが、このままステロイド依存になるのがいやで、来院されました。若いので一ヶ月でステロイドをなくし、2ヶ月で治療がすみました。脂肪織炎は免疫性の疾患なので、この病気になるということは、免疫力に弱いところがあると、考えて、その後の注意していく必要があります。この病気で当院は、ステロイドを使うということは基本ないことなので、漢方治療が本物かどうかが、よく分かる症例となると思います。(もちろんステロイド治療中の子は、すぐにはなくせいないです)

DSCF1100 DSCF4532 かい

カテゴリー: 免疫性、ホルモン性疾患の治療, 漢方薬   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です