柴犬の精神的な皮膚病

柴犬のリンちゃんは、まだ2歳前に首の周り脱毛や、足のかみかみがひどく、近くの病院で、抗生剤や抗ヒスタミン、ステロイドの外用薬で半年ほど治療していました。でもよくならなかったので、漢方薬で治療しにこられました。精神的な皮膚病もありまして、半年ほどで、よくなりました。若い子はステロイドさえ内服や注射で使われていなければ、かなり漢方薬で体質改善しやすいです。ステロイドを多用していると、身体の体質が悪化して、簡単な精神的な皮膚病まで本当の皮膚病になってしまうので、注意が必要です。

DSCF3863

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です