小さい時からの体質改善

シュナウザーの姫ちゃんは、生後7ヶ月で皮膚病ができてきたので、漢方治療を3週間して完治しました。

これからも、漢方は飲み続けるつもりです。

なぜなら、この子を飼う前にいた、コーギーの親子、(くうとてん)が、ともに悪性リンパ腫となった晩年を、漢方治療した経験があるからです。

弱い子ほど若い時から漢方薬で免疫力をあげて、体質改善するのが理想ですから。

今は亡き、くうちゃん(上)とてんちゃん(下)

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療, 腫瘍の治療   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です