柴犬の皮膚病

柴犬の新三郎ちゃんは、まだ1歳。ただ、生後10ヶ月で、皮膚病がでてきて、ステロイドて痒みをとめるようになって2週間。これはよくないと思い、漢方治療をしに来院されました。10日でステロイドもやめて、一月で痒みもおさまりました。まだ3ヶ月くらい体質改善に漢方を使っていますが、もう二度とステロイドを使うことはないでしょう。若い子は、ステロイドの抜くのも簡単です。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です