猫の腎機能障害ー多発性腎のう胞

猫のきなこちゃんは多発性腎のう胞症といわれ、5歳でも腎機能が低下してきたので来院されました。漢方治療して、10日ほどで、血液検査の腎の数値(BUN, CRE)が半分になり、腎機能の回復がみられました。まだ一月しか治療していませんが、これから、長期的に腎機能の保護を漢方薬でしていきたいと思います。

カテゴリー: 漢方薬, 腎臓、泌尿器の治療   パーマリンク

猫の腎機能障害ー多発性腎のう胞 への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です