紀州犬の脂肪織炎

紀州犬のシェリーちゃん、1歳をすぎたところです。避妊手術の後、足の裏の傷が穴があいて、抗生剤で治療しても治らない脂肪織炎となってしまいました。そこで、漢方治療をしに兵庫から来られました。一か月で傷もなおりました。若いことと、ステロイドを使用して免疫力をおとしていないことで、漢方薬での治療も早いです。

カテゴリー: 免疫性、ホルモン性疾患の治療, 漢方薬   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です