ジャックラッセルテリアの肝炎

ジャックラッセルテリアのラブちゃんは、9歳。3年前から血液検査で肝臓の数値が高く、ずっと病院に通っていました。とくにALPの数値は、平均1600という高い数値で、岐阜大学で検査して肝炎、胆嚢炎の可能性があることが分かりましたが、西洋医学では、効果のある治療はできませんでした。当院で漢方薬治療を始め、2ヶ月になるのですが、順調にALPは半分の800台まで落ちてきています。肝臓は沈黙の臓器といわれ、よほど悪くならないと、元気食欲の衰退にまではいきませんので、注意して漢方治療を継続していきます。
元気にみえるラブちゃん

カテゴリー: その他の治療, 漢方薬   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です