月別アーカイブ: 2011年 10月

追悼 サリー様

カテゴリー: 深く御礼, 漢方薬, 病院からのご連絡 | コメントをどうぞ

ありがとう、サリー様

ハルペッツクリニックのトップに君臨してきた、三毛猫のサリー様が、10月21日にお亡くなりになりました。享年25から30歳(拾われ猫で出生日時は分かりません)、とにかく元気で、長生きで、当病院にきて、4年以上、病気らしい病気はせず、不思議な不思議な猫さまでした。最後は、安らかに眠ったままの姿でそれは静かに永眠されました。最後の3ヶ月は、2日と同じものを食べないくらい、食にうるさくなりまして、だんだんとやせていき、まさにそのまま枯れていったうえでの、老衰、大往生でした。当病院では、神様のような扱いを皆にうけ、本当に気品あふれる高貴なサリー様、ありがとうございました。安らかにお眠りください。サリー様の従業員代表としてここに記します。 あっ、そういえば、サリー様が夕方、火葬に付された際には、天気は突然、大荒れとなり、大粒の雨がふってきました。それもサリー様のお別れの言葉だったのですか?また子猫となって戻ってきてください。しっぽの先が真横にまがった三毛猫をみつけたら、サリー様の生まれ変わりと思うことしにします。しばしの間、ごきげんよう、さようなら。

カテゴリー: 深く御礼, 病院からのご連絡 | コメントをどうぞ

チェルちゃん、ごめんね。

今朝、ダックスのチェルちゃんが14歳の命を終えました。最後はとっても静かに息を引き取ったそうです。
2日経過した後の腸捻転で、昨日瀕死の状態で東京の病院に来院されたのですが、腸のねじれを戻し、閉塞を改善する漢方薬治療で、一旦は回復して、喜んで家に帰宅したのもつかの間、夜中に急変して亡くなってしまいました。もし油断せず治療を続けてあげれば、亡くなることはなかったのではないかと、残念でありません。本当に本当に、悔やまれます。
チェルちゃんは1年前、おしりに無菌性に炎症をおこし、繰り返し水がたまる、免疫疾患である脂肪織炎のような病気でした。毎回病院で、痛い注射針で、水を抜かれ、さらにステロイド治療を繰り返しつづけているうちに、体調も悪くなり、それが心配で、東京から当病院に来院してくれました。そしてステロイドもやめ、炎症も漢方薬でコントロールできるようにはなっていました。
どんどん毛並みもよくなり、顔つきもやさしくなり、これから元気に過ごしてもらうとおもっていた矢先でした。

せっかくいい出会いだったのに、最後は助けてやれずに本当にごめんなさい。
チェルちゃんの冥福を心からお祈り申し上げます。

カテゴリー: 免疫性、ホルモン性疾患の治療, 消化器疾患の治療, 深く御礼, 漢方薬 | コメントをどうぞ

フレンチブルの皮膚病

フレンチブルのジュレちゃんは、体も顔も真っ白なので、皮膚病になるとすぐ分かります。目の周りや口の周りがぽーと赤くなって困ります。病院にいっても、病状をくり返すので、漢方薬治療をしに来院されました。実は、精神的な皮膚病を抱えていることが分かりました。なにぶんとっても甘えん坊でかわいい子ですので、甘やかさないようにといっても無理ですよね。精神的な皮膚病の治療は、ゆっくりやりましょう。
まだ顔の赤いジュレちゃん

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントをどうぞ

子猫の里親募集です

子猫の里親を募集しています。興味のある方は、愛知のハルペッツクリニックまでご連絡ください。もしくは、hayashi@harupets.comまでメールください。

カテゴリー: 病院からのご連絡 | コメントをどうぞ

ジャックラッセルテリアの肝炎

ジャックラッセルテリアのラブちゃんは、9歳。3年前から血液検査で肝臓の数値が高く、ずっと病院に通っていました。とくにALPの数値は、平均1600という高い数値で、岐阜大学で検査して肝炎、胆嚢炎の可能性があることが分かりましたが、西洋医学では、効果のある治療はできませんでした。当院で漢方薬治療を始め、2ヶ月になるのですが、順調にALPは半分の800台まで落ちてきています。肝臓は沈黙の臓器といわれ、よほど悪くならないと、元気食欲の衰退にまではいきませんので、注意して漢方治療を継続していきます。
元気にみえるラブちゃん

カテゴリー: その他の治療, 漢方薬 | コメントをどうぞ

ハルペッツクリニック東京がオープンしました。

10月3日に、ハルペッツクリニック東京がオープンしました。
いままで、問い合わせがあっても、なかなか診ることができなかった、
関東方面のお客様を診察し、漢方薬をもちいた内科治療ができる場所ができました。

関東方面の方も、今後ともよろしくお願いいたします。

1番目のお客様は、宇都宮から皮膚病で、おいで下さったハッピーちゃんです。

カテゴリー: 深く御礼, 漢方薬, 病院からのご連絡, 皮膚病の治療 | コメントをどうぞ

フレンチブルのアトピー性皮膚炎

フレンチブルのクロエちゃんはアトピーといわれ、まだ一歳ですが、他院にてステロイドの内服を継続しているようでした。まだ3,4日に一度ステロイドを飲む程度でしたが、やはり、どんどん悪化していくのが怖かったので、漢方薬治療をしに来院されました。一ヶ月たって、ステロイドもやめられて、もう皮膚病も落ち着いてきました。やはり若いので、ステロイドから抜けられるのも早いです。(それだけステロイドの内服の副作用も大きいということでもありますが)
笑顔のクロエちゃん

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントをどうぞ