チワワの心臓病

犬種によって注意する病気は、ほとんどが遺伝性のものなので、若くして特徴的な病気がでてくることがあります。ですから、犬種特有の病気に対しては、健康な時にもよく注意して診察します。
チワワの心臓病も、そうした犬種特有の病気のひとつです。チョコちゃんも1歳の時から、毎月聴診させてもらって、2歳くらいでもう心臓の問題がわかって、心臓の薬が欠かせなくなってしまいました。ただ良かったことは、はじめから心配していましたので、アニコム保険にはいってもらっていたことです。早めに薬を開始したため、心臓病は進行していません。これも自覚症状がでるまでほかっておくと、かなり早く悪くなることもありますので、注意が必要です。ただ、薬飲まないでも進行しないこともありますが、いったん悪化した心臓をもとに戻すことは難しいのでやはり早めに薬をスタートしたほうがよいでしょうね。

カテゴリー: その他の治療   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です