大地震

大変な地震の被害が明らかになって、言葉もなく、おろおろするばかりです。こういったときには、まず人間の安否が第一に配慮されますが、ペッツの安否、ちゃんと避難できるのだろうかと心配にもなります。ペッツは社会の中でも最も弱い生き物だということがこのような災害時にはよくわかります。直後の反応としては、地震に驚いたことによる、ストレスからくる嘔吐や下痢などの消化器障害がみられます。あとは、実際のケガや病気以外にも、避難生活をおくった後の心の面での後遺症も、人間と同じようにあるので心配です。
じっとしてるしかないサリーさま

カテゴリー: その他の治療   パーマリンク

大地震 への3件のコメント

  1. kao より:

    初めてコメントさせていただきます。猫3匹と暮らしております。
    私は東京在住ですが、こちらもとても揺れて怖い思いをしました。
    幸い怪我をするような被害は無かったのですが、毎日のように起きる
    余震とそれに伴う緊急地震速報の警報に怯えています。
    人間もそうなのですから、猫達も大丈夫かな・・・と思っていましたら
    案の定、一番デリケートな1匹が軟便になりました。
    食欲も元気もあるのですが、ストレスからくる突発性膀胱炎を2回ほど経験しており
    心配しています。
    自宅で何かしてあげられるケアなど、教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • harupets より:

      こんにちは。さぞかし心配でしょうね。でも猫ちゃんは飼い主さんの心を一番読み取ります。ですから、心配しているそぶりをまずみせないことです。まず飼い主さんが落ち着いて、しっかりグルーミングなどをして安心、リラックスさせてあげてください。本当に病気になったような場合は、胃腸薬や漢方薬をあげたりしますが、これは動物病院でないとできませんので、つれていってあげてください。

  2. kao より:

    二日経って、少しお腹の調子は落ち着いてきました。
    先生のアドバイス通り、ゆっくり呼吸しながらグルーミングしたり
    なでたりしたのがよかったのかもしれません。
    私たちがしっかりしなければ・・・と改めて、ぐっと力と入れて
    普段通りのリズムで過ごし、猫達とのんびりリラックスするようにしたいと
    思います。
    お返事、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です