肥満細胞腫 (悪性腫瘍) その2

9歳になるファラオハウンドのナイルちゃん。

首の所にできたできものをとって病理検査したら、悪性の肥満細胞腫であることが分かりました。やはり年齢のこともあり、漢方薬治療に興味をもち、和歌山県から来てくれました。

はじめの2,3ヶ月はまた違うところにできものができたりして、心配しましたが、漢方薬の量もきまり、1年3ヶ月ほどたった今は、体調もよく再発もなく、いい感じです。

ただとてもめずらしい品種ですし、年齢のこともありますので、他の病気も含めて注意していかないといけないので、お近くの動物病院とうまく関係をもちながら、漢方薬を飲んでもらっています。

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です