月別アーカイブ: 2008年 11月

ゴールデンレトリーバーの皮膚病

ゴールデンレトリーバーのさくらちゃん。
とってもおりこうさんですが、顔がかゆくて仕方ありません。
耳も耳血腫というパンパンにはれた状態になってました。
主に漢方で治療して3、4か月で、もう耳に血がたまることもなくなり
ずいぶん顔も胸もきれいになりました。
この犬種も皮膚病の子がおおいですので、こじらせないように
注意ですね。
特に耳は外耳炎をこじらせて耳血腫となるとやっかいですから。
551

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | ゴールデンレトリーバーの皮膚病 はコメントを受け付けていません。

回復

先週手術をしたダックスのよもぎちゃん。
もう元気いっぱいです。

4282

カテゴリー: その他の治療 | 回復 はコメントを受け付けていません。

コーギーの皮膚病 パート2

やはりコーギーのアユちゃんは、
皮膚病(膿皮症)がおなかにでてきました。
これをステロイドなどでこじらせると
大変なので、漢方でゆっくり体質改善してます。
この冬の間には終わるでしょう。
101

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コーギーの皮膚病 パート2 はコメントを受け付けていません。

やんちゃなんですけど、

ボーダーコリーのあすかちゃんは、
やんちゃで仕方がないようです。
ボーダーコリーという犬種は、
活動的なので、しつけをしっかりしないとコントロールできません。
でも愛嬌たっぷりなので、まあいいか。
548

カテゴリー: 未分類 | やんちゃなんですけど、 はコメントを受け付けていません。

コーギーの皮膚病

ウエルシュコーギーのの子の毛は緻密で量がおおく、
よく皮膚がむれて、皮膚病が悪化することがあります。
ナビちゃんは、わきの下やおなかの膿皮症や脂漏性皮膚炎になりやすく、
外耳炎をよく再発します。
抗生剤や薬浴でなんとか一時的にきれいに治すこともできるのですが、
どうしても、それだけだとまた季節がかわると再発してしまいます。
そこで、漢方で体質を変えて、もうならないように治療中しました。
だいぶおちついて、漢方ものまなくてよくなりました。
101

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コーギーの皮膚病 はコメントを受け付けていません。

悩ましいポーズ

サリーさまも女性です。
たまにとっても悩ましいポーズをします。
Photo

カテゴリー: 病院からのご連絡 | 悩ましいポーズ はコメントを受け付けていません。

ひざのお皿の脱臼

パピヨンのきいぼちゃんは、
両足のひざのお皿の脱臼がひどく、ひどくびっこをひいたりしてました。
内科的に治療して、まずまず痛みなく歩けるようにはなりました。
ただ、すべったりしてはいけないので要注意ですよ。
147

カテゴリー: その他の治療 | ひざのお皿の脱臼 はコメントを受け付けていません。

まだ子犬なのに皮膚病

チワワのよもぎちゃんは、まだ
ワクチンがおわったばかりです。
でも、身体全体にアトピーのような
皮膚病ができてきてしまいました。
漢方で、もうよくなりましたけど、こんな小さいうちから
こうした皮膚病でるのは珍しいですね。
最近は人間の赤ちゃんでも、小児アトピーは大変多いですから、
仕方のないことかもしれません。

4242

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | まだ子犬なのに皮膚病 はコメントを受け付けていません。

シーズーの皮膚病

シーズーのメアリーちゃんは、治りにくい脂漏性の皮膚病で
苦労されていました。
当病院の漢方治療で、もうだいぶよくなりました。
なにより、フケがなくなって快適です。
5411

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | シーズーの皮膚病 はコメントを受け付けていません。